iOSのTODOアプリをポートフォリオとして11月1日までに実装するぞ

github.com

概要

初めましてmoaibleです。もあいとか、もあいぶるで呼ばれることもあります。

なんでこの記事を書こうかと思ったかというと、自分はこれまでプログラマを初めて

大体7年目になるんですがこれまで特に大きなアウトプットをしたこともなく、

仕事ばかりでコードを書いたり、ドキュメントを書くことが多かったです。

一応一時期は、

Qiitaで薄い内容の記事を量産したり、

iOSのアスペクト指向なObjCライブラリを作ったり、

Chatbotのお題でHubotの記事を執筆したり

(ちなみにペコッターの中の人と一緒の枠で書かせてもらいました)

上のようなことでちょいちょい活動はしてたんですが最近は全然外に向けて何かをすることってしてませんでした。

もちろん家に居てもコードを弄ってはいても自己完結して満足するばかりで、そのインプットで得た何かを外に出すってことはあんまりしておらず。

そこで、自分の名札代わりとなるような何かを残そうと思い自分で設定した11月1日の納期iOSアプリを開発していきます。

そしてここまでしないと散見しまくって横道に逸れるので言い逃れできないように宣言しておきます!

なんでTODOアプリ?

単純にTODOアプリであればプログラマ同士の共通認識としてコード見せた時に把握してもらい易いかな?という安直な理由です

こんな風に作っていきたい(お気持ち)

iOS

Swift 4

  • Xcode 9.0 (現時点で最新)

クリーンアーキテクチャ(風)

  • レイヤーを区切って役割を分離
    • Presenter
    • UseCase
    • Repository
    • DataStore
  • RxSwift.Observable単位な処理フローで進めていく

ログイン認証

  • Firebase Auth

アプリ内DB

  • Realm

開発環境整備

  • UnitTest / UITest、CIで回す
  • APIは仮でモックサーバーを用意
  • ドキュメントは自動生成でJazzyを利用

とりあえずこんな感じで

宣言通り11月1日にはdoneしてると言える品質で物を出してくぞ!!